• ホーム
  • ザイザルを飲んでいたら副作用で太る人がいる理由

ザイザルを飲んでいたら副作用で太る人がいる理由

丸い錠剤

ザイザルは、すでに承認されていたセチリジンという成分のうち、レボセチリジンという成分のみを選択して含有する医薬品です。
花粉症や鼻炎などのアレルギー関連症状には、体内に存在するヒスタミン受容体が関与していることが知られています。
そこで、原因となるヒスタミン受容体を阻害する作用を発揮するのが、ザイザルに含まれるレボセチリジンなのです。

発売当初から、既存の医薬品であったセチリジンよりも効果が増し、副作用が出にくい薬剤として注目されてきました。
特に、セチリジンでは頻発していた副作用として眠気が挙げられます。
デスクワークの多い患者さんや車を運転する患者さんにとっては眠気はとても危険な副作用です。
レボセチリジンの成分は、セチリジンに比べて眠気を起こしにくいことが明らかになっていますので、その点ザイザルの方が優れている点と言えます。

しかし、セチリジンに比べて副作用が少なくなったものの、ザイザルを服用している患者さんの中には太る人や、体重増加が認められることがあります。
どのような薬にも副作用は存在するので、体重増加がザイザルの副作用であることは否定できません。
もしも、ザイザルを服用し始めてから急に体重増加が気になってきた場合には、かかりつけの医師や薬剤師に相談し、継続して服用するか一時中断するかを判断したほうがよいでしょう。

気を付けるべきなのは、医師や薬剤師に相談せずに勝手に服用を中止してはならない、ということです。
太ることがザイザルの副作用であるというはっきりとしたデータはないため、自己判断で服薬を止めた場合、これまでに抑えられていたアレルギー症状が悪化してして花粉症や鼻炎の症状が重くなる可能性があります。
あくまでも病院で処方された処方薬は、用法通りに服用した方がよいでしょう。
もしザイザルで体重増加してしまうため、服薬をやめることにした場合は、他の抗ヒスタミン作用をもつ薬剤を処方してもらうようにしましょう。

副作用で「太る」のではなく「食欲が増す」可能性あり

ザイザルを服用している患者さんの中には太る人がいるのは事実ですが、実はその太るという副作用には別の観点が含まれていることを忘れてはいけないです。
先に言った通りにザイザルの効果をおさらいすると、レボセチリジンがアレルギーの原因となるヒスタミン受容体を阻害する作用を発揮することで症状を抑えます。

これまで用いられていたセチリジンと違い眠気が少ないことで、現在ではアレルギー症状全般に使われているのが最大の理由です。
ただ体重増加する人もいるといわれていますが、これは副作用ではなくヒスタミンを抑えるというのが関係しているのです。

ヒスタミンとは神経伝達物質であり、その役目は体の中に有害なものが入った時や出現したときにその物質を見つけて脳に危険を教えるために分泌されるものです。
ただヒスタミンのもう一つの役割は抑制もつかさどっているものがあるということです。
その抑制というのは食欲といった神経も含まれています。

つまり、ザイザルといった抗ヒスタミン剤を服用することによって神経活動であるヒスタミンが抑えられると抑制をつかさどるヒスタミンも抑え込んでしまうのです。
抑制をつかさどるヒスタミンが抑えられてしまうと、食べ物を口にしたときに脳に満腹を知らせる満腹中枢への刺激が簡単に伝わらなくなります。
そのため自分では気づかないうちに満腹中枢が刺激されず満腹感を得られるのが遅れるので、それが原因で満腹になった時には一日の総摂取カロリーに匹敵する量を食べてしまうことになります。
これがザイザルを飲むと副作用で太るのではなく、抑制をつかさどるヒスタミンが活動抑制することで食欲が増すことが体重増加になる理由です。